妊娠中に目立つお腹の縦線の正体は?

妊娠中に現れるお腹の縦線の正体は?

妊娠中、ふと気づくとおへその上下に黒っぽい線(お腹の縦線)が出現していて驚くことがありますが、これが正中線と呼ばれるものです。

このお腹の縦線は生まれつきのものなのか、誰にでもできるのか、いつできるのか、いつ消えるのか、出産前に予防できるのか、出産したら消す方法はあるのか、それとも消えないのか・・・などなど見た目に目立つだけに、かなり気になる線といえます。

妊娠線も正中線も出産したら、一日でも早く消したいと思うのは当然ですが、 妊娠初期から予防できる方法があるのなら、実践したいですね。

正中線の原因や特徴、消し方等、正中線の様々な情報をまとめてみました。

正中線とは?

正中線とは実際に存在する線ではなく、医学的に人間の身体を正面から見て左右に分割する線の概念のこと。

また、身体を左右に分ける中心線の部分は人間がまだ胎児の頃、細胞分裂の際に結合した部分(つなぎ目、と考えれば分かり易いでしょうか)。

妊婦さんや産後の方のお腹に目立つ線も正中線と呼ばれますが、これは概念上の線に沿って生じている色素沈着や毛が濃くなった状態のことを、そう呼んでいるのです。

生中線は妊娠後いつ現れるの?

妊娠するとホルモンの影響でメラニン色素が増えて皮膚に色素沈着が起こりやすくなり、目立ってくるのです。正中線だけでなく、顔のシミやソバカスが濃くなったり、乳首や足の付け根が黒ずむこともあります。

正中線は妊娠5ヶ月頃に目立つようになる人が多いようですが、時期には個人差があります。

中にはまだお腹も目立っていない妊娠3ヶ月頃から目立ってくる妊婦さんもいます。

妊娠するとなぜメラニン色素が増えて肌が黒ずむの?

妊娠するとプロゲステロンをはじめとするホルモンが急激に増えてきます。

体毛を増やして紫外線から体や赤ちゃんを守る為に、メラニン色素が増えるのも、このホルモンの影響なのです。

この為、正中線だけでなく、肌のシミ、ソバカスが増えたり、乳輪や脇の下等が黒ずんだり、体の様々な部位で色素沈着が起こりやすくなってきます。

正中線で赤ちゃんの性別が分かるの?

正中線の出方によって、胎児の性別が分かるというジンクスがあります。

ママの正中線の色が濃く線がはっきりとしていれば男の子、薄ければ女の子という説や、お腹の縦線がまっすぐなら男の子、曲がり気味であれば女の子という説が正中線にまつわる性別ジンクスでしょうか。

正中線によるものだけでなく、性別を判断する様々なジンクスがありますが、医学的根拠はありません。正中線はホルモンバランスが原因で濃くなることを理由に、根拠があるとする人もいますが、そんなことはなさそうです。

今も昔も性別を楽しみに待つ気持ちは変わらないと言えますね。

妊娠線と正中線は違うの?

正中線は妊娠線ではできる原因が異なります

妊娠線と正中線を混同する人がいますが、別のものです。

妊娠線は産後も消えにくい

妊娠線はお腹が大きくなるのに伴い、皮膚に亀裂が入り出来てしまう線(肉割れ)。

表面の皮膚ではなく、柔軟性の低い真皮が受けたダメージによるものです。触ると凹凸を感じ、痒みなどの違和感を覚える人もいます。

肉割れした真皮のダメージは完全に元に戻るのが難しい為、妊娠線は産後も消えずに残ることが(薄くなったとしても)多いのです。

しっかり保湿していても出来てしまう妊婦さんもいますが、専用のクリームでケアし続けることは大事です。

正中線は時間の経過とともに目立たなくなっていく

一方正中線は妊娠に伴うホルモンバランスの変化で起こるメラニン色素の増加で、体毛が濃くなったり皮膚が黒ずむことで目立つようになる線のこと。

皮膚に凹凸はできず、触っても特に変化はありません。

たいていは産後数ヶ月でホルモンバランスが元に戻り、肌のターンオーバーでメラニンが排出されれば目立たなくなっていくことが殆どです。

ただし、中にはなかなか正中線が消えない人もいて、消える時期には個人差があります。

なるべく早く目立たなくさせる為に、妊娠線同様保湿を心がけ、ターンオーバーを促進することが大事です。

最近は正中線専用クリームもありますので、気になる方は試してもいいでしょう。

産後のスキンケア~正中線を早く消す方法は?

産前産後のスキンケアでお腹の黒ずみを消す

正中線は産後薄くなっていくとはいえ、なるべくそのスピードを早くする為に妊娠中のケアも大事です。特に保湿と紫外線対策は黒ずみ対策に有効ですので、しっかりと行うようにしたいものです。

産後もなかなか消えない正中線はいつ消えるの?

前述の通り、正中線はホルモンバランスの変化で出現した「線」に見える皮膚の黒ずみや体毛の変化です。

出産後、ホルモンバランスが非妊娠時に戻れば徐々に目立たなくなり、消失していきます。

その時期については個人差もありますが、一般的には産後半年から1年程度とされています。

産後、妊娠状態から非妊娠状態へと急激にホルモンバランスは変化しますが、その後、授乳開始から終了、生理の再開等を経てホルモンバランスは元通りになっていきます。

正中線が目立たなくなるのも、この変化に並行していくと考えられます。 また、妊娠で増えてしまったメラニン色素をなるべく早く排出させる為にも保湿をしっかりし、睡眠をなるべく優先してターンオーバーを促すことも大事です。

メラニン生成を抑制する紫外線対策で正中線の黒ずみ解消

目から入る紫外線も正中線の黒ずみを濃くする原因に

妊娠に伴い増加する女性ホルモン(特にプロゲステロン)の働きにより、メラノサイトが活性化し、メラニン色素が増える為、シミやソバカスが出来やすくなります。

正中線は日光に当たることはありませんが、紫外線を浴びることでもメラノサイトは活性化しメラニン色素は増加しますので、直接日光にあたっていない様々な部位の黒ずみにも影響を与えます。

もちろん、露出している部分(顔、首、手、足など)には刺激の少ない日焼け止めを使って紫外線対策をしましょう。紫外線吸収剤の入っていないものや、オーガニックブランドの日焼け止めがおすすめです。

また肌だけでなく、目から入る紫外線にも気をつけたいもの。UVカット効果の高いサングラスをかけるといいですね。レンズの色は薄めな方が紫外線対策には有効です。

メラニン生成を抑制する食事(食べ物や成分)で正中線を消す

正中線を消す栄養成分とは?

メラニンの生成を抑える栄養成分が豊富な食べ物を意識して摂ることも大切です。

メラニン生成の過程は

皮膚が紫外線に当たる  活性酸素が発生  メラノサイトが活性化  チロシナーゼが生産される  チロシナーゼがチロシンと結合してメラニンを生成する

となっています。メラニン生成を抑制するためには活性酸素を除去したり、チロシナーゼの働きを抑える成分を積極的に摂るとよいでしょう。

またメラニン生成を抑制するだけでなく、シミを薄くする働きのあるビタミンCをはじめとしたビタミンA、Bもたっぷり補給しましょう。

身近な食材ではトマト、ピーマン、モロヘイヤ、ゴーヤ、かぼちゃ等の緑黄色野菜、パパイヤ、いちご、キウイ、グレープフルーツなどの柑橘類、ナッツ類、豆類・乳製品などをバランスよく毎日意識して摂りたいものです。

特定のものを食べ続けるのではなく、毎回まんべんなく色々食べる方が効果的だと言われています。

ターンオーバーを促す生活習慣で正中線ケア

正中線が目立つのは妊娠に伴うホルモンバランスの変化でメラニン色素が多く蓄積されることと関係しています。

出来てしまったメラニン色素をできるだけ早く排出させるには、肌のターンオーバー(表皮の新陳代謝)を整えることが大切です。ターンオーバーを少しでもきちんとしたサイクルにする為に、毎日の生活習慣で工夫できることをまとめました。

正中線を消す生活習慣とは?

質の良い睡眠でターンオーバーリズムを整えよう

ファッションモデルが一番大切にしている習慣は睡眠だと言われる程、肌と睡眠の関係には深い関係があります。

特に入眠してから3~4時間の間に熟睡している(ノンレム睡眠)と成長ホルモンの分泌が豊富になり、ターンオーバー、新陳代謝も活発になります。

逆に熟睡できない、何度も目が覚める、睡眠時間が短いといった質の低い睡眠を続けていればターンオーバー周期が乱れ遅くなり、古い角質が残りやすくなり、メラニン色素の排出も滞りがちになります。

正中線を早く目立たなくさせたければ、しっかり睡眠をとり、肌のターンオーバー周期を正常に、順調に維持することがとても重要な生活習慣になります。

ストレスはメラニン生成を加速する

私たちの体はストレスを受けるとメラニン生成が加速させ、シミや黒ずみ等色素沈着を悪化させます。実際にストレスがかなり高い人の方が顔のシミが多い、濃くなる傾向あるようです。

またメラニン生成だけでなく、大量の活性酸素も発生する為、メラノサイトが刺激され、こちらもメラニン生成を加速させます。

加えて活性酸素の酸化作用がしみ、しわ、肌荒れの原因になることもあります。ストレスを上手く解消して、メラニン生成を加速させないような生活を心がけましょう。

喫煙は肌老化を加速させる

タバコによる有害物質はメラニンを刺激し、肌を黒ずませる原因となるだけでなく、ビタミンCを破壊する等、体内の酸化を進行させ、ターンオーバーの乱れを招く原因にもなります。

当然のことですが妊娠中、産後も禁煙は必須といえるでしょう。

寝る前の飲酒はターンオーバーを乱す原因

就寝迄飲んだり、寝酒の習慣はやめましょう。まずアルコールを分解するのに体内の水分を消費し体が乾燥状態になること、睡眠の質を低下させ、ビタミンを大量に消費する等、飲酒はターンオーバーを乱す大きな原因となります。

運動不足も肌の黒ずみ悪化の原因になる

運動不足になると、血液循環が鈍くなり、全身に栄養が行き渡りにくくなります。その結果肌のターンオーバーサイクルが鈍化し、しみ、しわ、くすみなどの原因となります。

運動の習慣がある人の顔は活き活きとして艶やか、健康的な印象を受けるのは、血液の循環が良く、ターンオーバーが整っているから。

特に年齢が上がる程その傾向が顕著だと私は周囲の女性を見て感じています。

肌にやさしい下着や服で黒ずみケア

妊娠中は肌のバリア機能が低下する為、肌への刺激に敏感になっています。大きくなってくるお腹が衣類とこすれる摩擦でメラニン色素の沈着も起こりやすくなっています。

直接お腹や肌に触れる下着や衣類は綿100%の天然素材で、肌触りのよいものを選びましょう。また腹部だけでなく、足首や手首等、締め付けることのない、ゆったりとしたファッションを着用することも黒ずみ予防になります。

正中線を薄くする保湿成分配合の美白クリームが話題に!

正中線を薄くするには肌を保湿成分やメラニン生成を抑制する美白成分でケアするのも大切。

正中線ケアに特化した専用のクリームは保湿と美白の両方をカバー。1本でお手入れが完了するので、正中線に悩むママやプレママに人気のアイテムとなっています。

正中線を薄くする為だけでなく、これ以上濃くしない為にも、早め早めのケアが肝心です。

美容皮膚科のレーザー治療やケミカルピーリングで正中線を消す

美容皮膚科のシミ治療に有効なレーザー治療やケミカルピーリングは正中線にも効果があります。産後時間が経過しても正中線が薄くならず、どうしても気になる、薄くしたい方は検討してもいいかもしれません。

ただし、レーザー治療は保険適用外なので費用がかかること、また正中線にレーザー治療を施術してくれる美容皮膚科や皮膚科を探すのに手間がかかること(患者数が少ない為、施術例が無い皮膚科が多い)、1回では結果が出ない、満足いく程薄くなる保証はない、等は理解してから探す必要があります。

妊婦のスキンケアの注意点~妊娠中の肌はデリケート

妊娠中はホルモンバランスも非妊娠時とは異なる為、肌も刺激に敏感になっています。肌に塗る化粧品や医薬品も胎児に影響を与えることがありますので、使用する際には注意すべき成分があります。

妊婦にNG成分~トレチノインとハイドロキノン

美白成分として有名なトレチノインとハイドロキノンは妊娠中および授乳中の使用はNGです。

特にトレチノインは動物実験での催奇性が確認されている為、使用後2ヶ月は避妊が必要としているクリニックもあります。

これらの成分を配合している化粧品、医薬品については説明書をよく読んだ上で、不安な点は医師、薬剤師に確認して下さい。肌に塗ったものは体液、血液から胎盤を通じて胎児に影響を与えることがある為、慎重に選ぶ必要があります。

おすすめの正中線専用クリームが登場!!

正中線を消す正中線専用クリーム・メイド・バイ・マム

正中線は妊娠中のホルモン変化によるメラニン色素の増加が大きな原因。なるべく早く薄くする為には安全な美白成分と十分な保湿成分が必要となります。

正中線専用クリームは美白有効成分、トラネキサム酸とグリチルリチン酸2Kを配合しています。

様々な保湿成分以外にも、黒ずみを薄くし、肌の新陳代謝を促すトラネキサム酸や肌荒れを防ぎお肌を整えるグリチルリチン酸2Kがたっぷりと配合されている点が一般の妊娠線専用クリームと異なるところ。(ちなみに資生堂の看板美白商品HAKUの主成分である同じトラネキサム酸が配合されています。HAKUと比較するとかなりコスパもいいです)

肌が敏感な人にも使えるよう合成香料・着色料・鉱物油・アルコール・パラベン無添加で、妊娠中から安心して使えるのもポイントが高いですね。

放っておいてもいずれ消えていくとされる正中線ですが、調べてみると数年経過しても消えない・・・薄くならないといった声もあり、個人差は大きいようです。

やはり放っておくよりも、美白ケアと、ターンオーバーの乱れを改善する為のケアをコツコツと続けた方が改善が早いのは間違いないでしょう。

正中線専用クリームであれば1種類で簡単ケアが可能ですし、多忙な産後ママでも楽に続けられます。

ページの先頭へ